EXPERIENCE

日本三大美祭のひとつに数えられる高山祭の世界観をショーアップ。本物を彷彿とさせる匠の技の再現をめくるめく光と音とともに楽しんで。

飛騨高山まつりの森

SHARE

平成の匠が作り上げた、絢爛豪華な祭り屋台

山の斜面を掘削して作った地中ドームに、平成の匠が作り上げた豪華絢爛な平成の祭り屋台や世界一の大太鼓を展示する「飛騨高山まつりの森」。
国内初の試みである地中ドームという形式になったのは、高山の豊かな自然を壊さないようにという配慮から。
これらの環境により、自然の状態で木製品や漆器などの美術品を保管するため最適な環境を保つことが出来るそう。

中には特徴のある彫刻や、金具、横幕、見送りなどが施された、8mほどの平成祭り屋台が8基ほど展示されています。
地中ドーム内は夏でも涼しく、半袖だと寒いくらい。
希望すれば法被の貸し出しもあるので、時期に応じて調整ができます。
▲高山祭のみどころである、荘厳優美、絢爛豪華な動く祭り屋台。
祭屋台が建立されたのが江戸中期と伝えられており、明治以降は改造・修繕が行われてきました。
この伝統の技を後世に残すにはどうしたらいいかと考えた飛騨の富豪・飛騨庭石社長中田金太氏が、年号が昭和から平成に変わった時、巨額の私財を投じてこのプロ意識ジェクトに着手。
平成の飛騨の匠たちの協力のもと、匠の技を集めた「平成屋台」が作られました。

屋台のからくり人形は10分間隔で動き出し、ムービングライトで照らされた世界はさながら「夜祭」の雰囲気が漂っています。
伝統文化と現代の技術が融合した幻想的な世界に浸っていると、思わずため息が出てしまいそう。
江戸時代の技術を守るだけでなく、ここでは現代の技術も寛容に取り入れています。

肉眼ではなかなか見づらいからくり人形の細かな動きや、飛騨の匠の技術が詰まった装飾など、ゆっくりまじまじと見ることが出来るのも、この場所ならではの魅力です。

▲まつり屋台の他にも、獅子舞の踊りや大太鼓を叩くようすなど、見どころがたくさん。
これらの屋台は、地元の千島白山神社の例祭に合わせて年に1度「屋台曳き揃え」を行います。
からくりの上演なども行われ、その様子はまるで高山祭そのもの。

高山祭にいかずとも、お祭り気分を味わえる「飛騨高山まつりの森」。
飛騨の人々の想いによって紡がれた”匠の技”、ぜひ感じに訪れてみてはいかがでしょう。

ACCESS INFORMATION

住所 岐阜県高山市千島町1111

Google Map

Google Map