FOOD

日本各地にあるみだらしだんごでも高山のは甘くない!町中のおだんご屋さんを制覇したくなる、散策の際に外せないお供。

みだらしだんご

SHARE

高山散策のお供には欠かせない

飛騨高山市内の散策のお供にかかせないのが、高山名物みだらしだんご。
″みたらし″ではなく、″みだらし″となまるのが高山流。
一般的には甘いタレのイメージですが、こちらはしょうゆダレで香ばしく焼かれているのが特徴。
もちもちの柔らかいだんごは、カリッと表面を焼いてもかたくなりません。
米の風味が活きた優しいだんごの甘さと、ほどよい表面のしょっぱさが絶妙です。

しょうゆの香ばしい香りに、思わずふらっと店の前までつられてしまう。

関東では一般的に一串4粒のだんごが主流ですが、飛騨高山地方のみだらしだんごは一串5粒なのが嬉しい。
地元の人々の中には、5~10本まとめ買いする方もいるのだとか。
店によってカリッと表面を軽く焼く店もあれば、焦げ目がつくまで焼く店もあります。
タレの味も焼き方も店によって少しずつ違うのもおもしろいところ。

みだらしだんご片手に、高山の街歩きを楽しんでみてはいかがでしょう。