CULTURE

祭りの始まりは古川やんちゃの魂を震わす起し太鼓の響き。絢爛豪華な神輿と屋台行列に彩られた壮大な時代絵巻。

古川祭

SHARE

天下の奇祭として全国に名を馳せる「古川祭」

300余年の歴史を持つ古川祭。毎年必ず4月19日、20日の2日間にわたって開催される気多若宮神社の例祭です。国の重要無形民俗文化財にも指定されており、現在は神社本殿での神事及び古式ゆかしい「御神輿行列」を中心とし、祭りの開始を告げる”動”の「起し太鼓」と、”静”の絢爛豪華な9台の「屋台行列」が二大祭事として加わり、盛大な時代絵巻が繰り広げられます。

屋台芸術の傑作としても誉れの高い古川の屋台。東西文化融合の結晶といわれており、江戸からもたらされた屋台が飛騨の匠の技によって洗練され、京都のからくり人形が加わることで現在の形となりました。お祭りでは屋台だけではなく、地元の人々によるお囃子の演奏、獅子舞の行進などが行われます。その眼差しからは、祭りへの真っ直ぐな情熱を感じることができます。

祭りの花形でもある「起し太鼓」では、数百人の男性が裸姿にさらしを巻き、蔓三つ葵の紋が入った直径80cmの大太鼓をたたきながら町内を巡行。
この光景は日本三大裸祭のひとつとしても有名であり、昔から生まれたままの清浄無垢な姿は、神様との交渉を行うための神聖なものとされています。
起し太鼓と屋台を取り仕切る当番組は、抽選で選出。大太鼓の上で太鼓を叩く主役ともいわれる「太鼓打ち」は、一生に一度しかできない特別な役割で、氏子たちの憧れでもあります。

▲飛騨古川まつり会館前の広場では起し太鼓の展示が行われており、誰でも叩くことができます。(有料)

普段は静かな古川の町が、この2日間は熱気溢れる賑やかな町に変貌します。
昼と夜で対象的な魅力をもつ、地元の人々にとって一年で最も大切な日。
是非肌でその熱と息遣いを感じてみてはいかがでしょうか。

ACCESS INFORMATION

古川祭

住所 岐阜県飛騨市古川町壱之町14−5

Google Map

Google Map