EXPERIENCE

高山の夜はこれでストレス解消。弓の射的で地元の人も観光客も熱くなるひととき。

でこなる横丁

SHARE

飲んで、食べて、話して、遊べる街中の屋台村

飛騨高山の夜。
町中から人影が消えていく中、ひときわ輝きを放つ一角が「高山まちなか屋台村 でこなる横丁」です。

高山市朝日町にあるでこなる横丁は、最大21店舗からなる屋台村。
入り組んだ路地は雰囲気があり、どこか懐かしい空間が広がります。
現在はダイニングバーや寿司バー、ジビエバーや餃子、たこやき、ラーメン、さらに射的場や手裏剣道場などの店が軒を連ねており、はしご酒に最適。
地元の人同士や、国内外問わず観光客の異文化交流もあり、様々な人々と出会いがここで生まれています。

「老若男女問わず、夢のある人のチャレンジの場づくりを」という思いで2015年9月にたちあがったでこなる横丁。
でこなる横丁の「でこなる」は、高山の方言で「大きくなる」という意味。(でこなる → でこうなる → でかくなる)
来る人々や店主の夢が、大きく叶いますようにという願いを込めた場所として、観光客だけでなく地元の人々にも親しまれている場所です。

「手裏剣道場」では、飛騨の忍者になりきって手裏剣を的に当てて高得点を狙う遊技が体験できたり、「射的場」ではお祭りの屋台の雰囲気を味わいながら遊ぶことができます。
お腹がいっぱいになったり、少し飲みすぎてしまった際の小休憩として、遊び場があるのも嬉しいですよね。
店内は、様々たくさんの人々で賑わう様子がみられました。

地元の人々も多く訪れる場所なので、楽しく交流が出来るのも嬉しいところ。
多種多様な飲食店が集まった楽しい空間の中、高山の夜をあそび尽くしてみてはいかがでしょう。
 

ACCESS INFORMATION

住所 岐阜県高山市朝日町24

Google Map

Google Map