CULTURE

高山への理解が深まる入場無料の超充実型博物館。高山ビギナーは訪問必須です。

飛騨高山まちの博物館

SHARE

高山の学びが深まる、入場無料の大型博物館

「飛騨高山まちの博物館」は、高山の歴史文化について詳しく知りたい方にぴったりの博物館です。
高山駅から徒歩12分ほどの古い町並近くにあり、1875年(明治8年)に建てられた江戸時代の豪商、矢嶋家・永田家の檜造りの土蔵をリノベーションした趣のある建物の中には、飛騨高山を発展させた金森長近の功績を始め、城下町の形成と町家文化をテーマに高山の成り立ちや継承されている文化などが展示されています。

高山市を中心とした飛騨の歴史民俗資料約7万5000点を所蔵し、そのうち900点を常時展示している高山観光では外せないスポットのひとつ。

入場料金は無料ですが、展示スペースは広大で見どころ満載。
金森氏に関する資料をはじめ、円空仏や酒造りの資料、飛騨春慶や一位一刀彫などの伝統工芸品、高山祭のからくり人形、庶民の生活道具の他、高山市から出土した縄文土器などの展示がテーマ毎に分かれてなされています。

▲高山祭に関する展示

初めて高山を観光する際は、ここで高山の学びを深めてから町を散策すると、色々発見がありおもしろいですよ。
近代以降の情報を主に取り扱う「高山市政記念館」に対し、こちらではそれ以前の時代を主に展示しています。

▲撮影も可能なので、貴重な品を一目見るために訪れる人々も多いのだとか。
敷地には、歴史的建造物に囲まれたせせらぎのある庭園やガラス灯小路が整備されており、歴史に身を委ねながらもゆっくりと癒やしの時間を過ごすことができます。

観光前に、高山の学びを深めてから街を散策してみてはいかがでしょう。

ACCESS INFORMATION

住所 岐阜県高山市上一之町75

Google Map

Google Map