CULTURE

年に一度、あたりが水しぶきのカーテンに包まれる白川郷の秋の風物詩。

放水銃

SHARE

白川郷の秋の風物詩

飛騨地域の山々と深い森の中、合掌造りの家屋が立ち並ぶ白川郷。
伝統建築の合掌造りが並ぶノスタルジックな景色は、まるで違う世界にきたようで懐かしく、訪れる人々を優しく迎えてくれる温かみがあります。
そんな白川郷に数多く設置されている「放水銃」をご存知でしょうか。

手を合わせたような形の屋根が特徴の合掌造りの家々には、実際に村人が住んでおり、時折暮らしの様子が垣間見えます。
「放水銃」の一斉放水は、毎年10月終わりから11月初めにかけて行われる地域行事で、集落全体に水を放射する防火訓練のこと。
合掌造りの集落は木材と茅で建造されているため、一軒でも出火してしまうと飛び火によって集落全体が焼失する恐れがあり、火にはとても弱いのです。そのような危険を回避するため村内には多くの消火用放水銃が用意されており、それらの点検を兼ねて放水を行っています。

村内には59基もの消化放水銃があり、合掌造りの家1軒につき1基の放水銃が設置されています。
また、景観を壊さないよう収納箱を合掌造り風にするなどの工夫も施されています。
放水銃の水源は600トンもの貯水槽で、高さ30メートル余りの放水を30分以上続けることが可能なのだとか。
当日になると村全体にサイレンが鳴り響き、一斉に放水が開始されます。
放水銃を使った防火訓練は村民総出で行うため、地元消防団だけでなく地域住民も共に行います。
村民の誰もが消火活動を行えるようにすることで、万が一火災が起きてしまった場合でも最小限で火を食い止めることが出来るのです。
実際の様子を見てみると、実際に放水銃を操作する人の多くは村で暮らす住民であることが伺えます。

「放水銃」の一斉放水により、水しぶきのカーテンに包まれる白川郷。
秋の風物詩とも言われるその光景からは、美しさだけではなく村人の防火意識と文化保全への姿勢の高さを感じることができます。