旅人と飛騨高山の
出会いを紡ぐ
ウェブマガジン

FOOD

とろぷる好きならはずせない!従来のわらび餅の概念がくつがえる高山の名店。行列覚悟。

いわきの早蕨

SHARE

わらび餅の概念がくつがえる、高山の名店。

高山駅から古い町並方面に10分ほど歩くと「いわきの早蕨」にたどり着きます。
ここは口に入れた瞬間に思わずとろけてしまう、ぷるぷるとろとろとした食感が特徴のわらび餅専門店。
入り口を覗くと、カウンターにはたくさんのわらび餅が並んでおり、土日や祝日は行列覚悟の人気店です。

やわらかな食感をつくりだすのは、厳選した本わらび粉。
絶妙な配分で黒糖が練り込まれたわらび餅は、きなこと黒蜜と合わせるとなんともいえない絶品に。
何も付けなくてもほのかに黒糖の風味と甘さが感じられます。
また、わらび餅をつくる際に最も重要な「水」がおいしい、飛騨高山でしか味わうことのできない味わいです。
そしてわらび餅のパッケージには「冷蔵庫に入れないで下さい。」との但し書きが。
驚くかもしれませんが、口に入れた瞬間にとろけるなめらかな触感を感じるためには、絶対に冷やしてはいけないそう。
保存の際は、常温を心がけましょう!
消費期限は常温にて3日間なので、お土産にもおすすめですよ。

四季折々の季節限定品の用意もあり、春は「さくら吹雪」、夏は「煎茶」、秋は「飛騨りんご」など、どれも高山を感じる味。
四季を通して通いたくなってしまう魅力があります。

早い日は、なんと午前中で売り切れてしまうこともあるのだそう。
確実に購入したい場合は、早い時間帯に訪ねてみたほうがいいかもしれません。
 

ACCESS INFORMATION

住所 岐阜県高山市上三之町111−2

Google Map

Google Map