FOOD

「自産来消」がコンセプト。自家栽培の飛騨コシヒカリから作る五平餅とみだらしだんごは飛騨の恵みと郷愁の味。

福太郎

SHARE

自家栽培の飛騨コシヒカリからなる、みだらしだんごと五平餅

明治期に建てられた旧家の家屋を改装した、風情を感じる店「福太郎」。
ここでは、店主自らが栽培・収穫した飛騨コシヒカリの特別栽培米を使用した、極上のみだらしだんごや五平餅などを味わうことができます。

▲注文をしてから焼いていただく、みだらしだんごと五平餅。

製粉具合の違う2種類の米粉を使用しているので、米本来の風味と食感の違いを楽しめるのが特徴。
焼いている時のお米と醤油の香ばしい香りがたまらなく、思わず食欲がわきます。
五平餅には飛騨の郷土食材「あぶらえ(えごま)」をすりつぶしたタレを塗っており、自然にも体にも優しい、どこか懐かしい味を堪能出来ます。
他のお店で食べる味噌ベースの五平餅とは違い、ここでは昔ながらの飛騨の味を守り続けています。
まさに高山のソウルフードとも言えますね。

一口食べると、だんごそのもののもちっとした柔らかさに驚きます。
香ばしい醤油の香りとお米の持つつぶつぶ感がほどよく感じられ、思わず手が止まらなくなってしまうほどのおいしさ。
あぶらえ五平餅はほんのりと甘辛く、どこか懐かしい香ばしいタレがたまらなく食欲をそそります。
えごまの粒が程よく残っているので、ぷちぷちとした粒の食感も感じられます。
そしてお餅もひとつひとつが手作りのもの。作りたてのふんわりと柔らかな食感がたまりません。

滞在中も地元の常連さんと思われるお母さんが訪れ、次々とだんごを購入されていました。
地元の人々にも愛されるのも納得の美味しさです。

夏は奥飛騨天然氷に自家製のシロップ(桃、ミニトマト、夏みかん、いちご、梅など)を使用した、こだわりのかき氷が堪能できます。
みだらしだんごや五平餅だけでなく、飛騨牛の串焼きや、中華そばなども店内でいただけますよ。

「地産地消」ではなく「自産来消」を標榜しており、訪れる人々に飛騨高山の魅力を伝えている「福太郎」。
店内にはセレクトされた歴史や文化に関する参考文献が並んでおり、思わず時を忘れて読み込んでしまいそう。

周辺には、吉島家住宅や日下部民藝館などがありますが、「福太郎」のあるエリアは観光客の賑わいもすこし静かになり、ゆっくりと町並み散策を楽しむことが出来る落ち着いた場所。
町並み散策の休憩がてら、お腹を満たしつつ一休みしてはいかがでしょうか。

ACCESS INFORMATION

住所 岐阜県高山市下三之町58

Google Map

Google Map